不思議な生き物たち? をご紹介!🧐 ③ Part2

不思議な生き物たち? をご紹介!🧐 ③ Part2

 

みなさん、こんにちはー!🌟

ひがおでーす!💪

 

 

 

 

 

さて、今回もひがおと”エラブウミヘビ”のイラブちゃんとの対談企画 元気にやっていきますよぉ〜!😎

 

 

 

 

(東)

「早速、イラブちゃんへどんどん質問ぶつけていくよぉー!✨」

 

 

(ウ) 「はーい!なんでもお答えしまーす!♫🐍」

 

 

Question1❗️🤔

(東)

「”ウミヘビ” は、爬虫類のヘビなの?!🐍それとも魚の仲間?🐟」

 

 

(ウ)

「うーん!いい質問ねっ!😉」

「”ウミヘビ” と呼ばれる生き物は爬虫類と魚類の2種類に大きく分けられるの!」

 

 

(東) 「へぇーー!”ウミヘビ”と名の付くものは魚類もいてるんやね!😮 でもあんまりみたことないけどどんなんやつらなんー❓」

 

 

(ウ) 「魚類のウミヘビはウナギの仲間に分類されるの!🐟」

 

 

 

(ウ) 「”ダイナンウミヘビ”❗️」

 

 

 

 

 

(ウ) 「”ホタテウミヘビ”❗️ 通称 “ホタロー” 」

 

 

 

 

 

(ウ) 「”モヨウモンガラドオシ” ❗️」

 

 

 

 

(ウ)

「紹介した3匹は日本でよく見ることができる魚類の”ウミヘビ”の仲間!🐟」

 

「魚類”ウミヘビと私たち爬虫類”ウミヘビ”との大きな違いは、

エラ呼吸❗️尾ビレがある❗️爬虫類のような鱗を持たない❗️毒がない❗️ くらいかしらねっ😊」

 

 

(東)

「へぇ〜〜!魚類の”ウミヘビ”は毒がないのか!それは知らなかった!😮」

「同じ “ウミヘビ” という呼び名でも全然違うねっ!🐍」

 

 

(ウ)

「そうよぉ〜〜😏 捕食の方法も全く違って、私たち爬虫類”ウミヘビ”は泳いで自ら獲物を見つけに行くスタイルだけど、魚類”ウミヘビ”のほとんどは海底の砂地に顔だけ出して待ち伏せスタイル!😋」

「やっぱり何事も自ら動かないと欲しいものも手に入らないじゃない❓笑」

 

 

(東) 「イラブちゃん…肉食系女子やなぁ…😂」

 

 

(ウ)

「肉食で何が悪いのよ!🤣笑」

「そんなことより…日本🇯🇵の海に生息する私たち爬虫類の”ウミヘビ”の仲間たちも紹介するわねっ🎵」

 

 

 

(ウ) 「さぁ、まずは私の種類でもある”エラブウミヘビ”❗️🐍」

 

(ウ)

「沖縄などの熱帯地域では1番よく見かける”ウミヘビ”じゃないかしら❓」

「”エラブウミヘビ”は、ウミヘビの中でもいろんな種類がいて色や模様が微妙に違う仲間がたくさんいるわ😉」

 

 

(東) 「たしかにー!”ウミヘビ”と言えばこれ!っていう模様やもんね!😃」

 

 

(ウ)

「”エラブウミヘビ”は、ウミヘビの中でも1番遅く海で生活を始めたと言われていて、今でも陸上時の名残がたくさん残るウミヘビでもあるのよ😉」

 

 

(東) 「ほぉー!海で生活し始めたタイミングが少し違うだけでも生態にいろんな違いが出てくるかー!🤔  実に面白いっ🌟」

 

 

(ウ)

「そうよぉ〜、ウミヘビの魅力伝わってき始めたかしら??笑」

「次はこの子!”セグロウミヘビ”❗️🐍」

 

 

(ウ)

「この”セグロウミヘビ”は、唯一の外洋性のウミヘビで、海流に乗って何千キロも移動することで有名なのよ!✨」

 

 

(東) 「何千キロ⁉️ すごいなっ!!😮」

 

 

(ウ)

「生涯の移動距離は約3万kmを優に超えると言われていて、移動距離は”鯨”に匹敵すると言われているわ…🐳笑」

「すごいのは移動能力だけではなく、最高3時間半

も潜水することができるの!😦」

 

 

(東) 「何そのチート能力!?笑 ハイスペック過ぎひんか❓😂😂」

 

 

(ウ) 「ほんとは今回のひがおくんとの対談に呼びたかったんだけど、彼今アフリカにいるらしいわ笑」

 

 

(東)

「小さな体で移動距離えぐし❗️笑」

「次行こ次っ!笑」

 

 

(ウ)

「はい!次に紹介する子はこの子❗️」

「”クロガシラウミヘビ”❗️🐍」

 

 

(ウ)

「名前の通り 黒い頭が特徴的な”クロガシラウミヘビ”だけど、、おとなしい温和な性格が多い私たちウミヘビの中でも比較的攻撃的なの、彼❗️」

「だからダイバーの皆さんは彼を見かけたら、すぐさまその場を離れて🙏根はいいやつなのよ…😅」

 

 

(東)

「りょうかいっ!笑 すぐ逃げます❗️😂」

「同じ”ウミヘビ”でも種類によって性格はバラバラやね!そこは人間と同じ!😁」

 

 

(ウ)

「最後に紹介するのは、この子❗️」

「イイジマウミヘビ❗️🐍」

 

 

(ウ)

「”イイジマウミヘビ”は、私”エラブウミヘビ”とよく似た模様で区別が難しいとよく言われるわ🤦🏻」

「でもよ〜く見ると… 鱗一つ一つ大きかったり、黒い縞模様の縁がギザギザな波模様しているの❗️

私たちウミヘビの中でも一番お洒落な子だと思うわ🤗」

 

 

(東) 「いやー見分け付けたいけど、近くのは勇気いるって!😱笑」

 

 

(ウ)

「それはそうねっ🤣 」

「でも”イイジマウミヘビ” は、魚卵を主食としているから毒牙や毒腺が退化していてほぼ無毒化されているみたいらしいの!それでももちろん近くのはNGよ❗️☝️」

 

 

(東)

「ウミヘビの中には毒がない種もいるんやねっ!少しだけ安心よ!笑」

 

「最後にズバリ!イラブちゃんが思う “ウミヘビ” の魅力とは❗️」

 

 

(ウ)

「ズバリ!泳ぐ姿ね!😎 妖艶なダンサーと言われる所以でもある体をくねらして泳ぐ姿は1番の魅力❗️」

「最初にひがおくんが言ってくれた

近づかない❗️触らない❗️ルールを絶対に守って見るようにしてね🤗」

 

 

(東)

「”ウミヘビ” は、日本では沖縄でのダイビングで遭遇することが多いと思うから、みんな琉球列島でのダイビングは充分気をつけて潜りましょうね!

せっかく仲良くなったイラブちゃんと余計な問題になるのも嫌だしね✨😄」

 

「イラブちゃん今回はいろんな質問に答えてくれてありがとーう❗️😎」

 

 

(ウ)

「こちらこそ!✨みんな沖縄でのダイビングはくれぐれも私たちに気をつけて潜ってねっ!笑」

「またやーさい〜👋(また会いましょ〜う)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、少し特殊な今回の対談企画いかがでした

でしょうか❓😉

 

 

 

次回は、どんな生き物をお呼びしようかな!🎵

お楽しみに!!✌️

 

 

 

それでは、また!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クアラインスタもよろしくお願いします❗️🌟

@quaradiving

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイビングするなら、QUARA🐬

大阪 梅田 ダイビング QUARA!!