実はマンタは2種います。。。

実はマンタは2種います。。。

皆さんこんにちわ^ ^

高橋です!!

本日は前回の予告通り、マンタの見分け方教えちゃいます!!

2010年から1属1種だったマンタが2種にわかれました。

ナンヨウマンタとオニイトマキエイです。

見分け方としては、、、

上から見た時背中の白い模様が八の字なのがナンヨウマンタです。

白い部分が口とほぼ平行なのがオニイトマキエイです。

これは上から見たら一瞬でどっちかわかります!

下から見るとナンヨウマンタは口の周りは白く、第5鰓孔(1番下の鰓)に黒いしみがない。

オニイトマキエイは口の周りが黒く1番下の第五鰓孔に黒いシミがあります。

ちなみにナンヨウマンタは最大でも5mほど

オニイトマキエイは最大で6m以上になります。

ナンヨウマンタは沿岸性、オニイトマキエイは外洋性です。

沖縄などで見られるマンタはほとんどナンヨウマンタです。

お腹の黒いシミがおおければ多いほど年寄りです。

この黒いシミで個体識別もおこなってます。

ではこれはどっちでしょうかー?

 

 

 

ナンヨウマンタでしたー^ ^

ちなみに3月予定のシミランクルーズはなかなか見ることのできないオニイトマキエイが見れます!!

ツアーの案内もしますので、ぜひお店に遊びに来てください^ ^